RealBoost logo

努力する人の夢を現実にする仮想通貨支援サイト -リアルブースト-

Japanese flag Japanese

ETHについてもっと知る

みなさん、さすがにもうビットコイン(BTC)はご存知ですよね? 「いや、よく分からないんですけど...」という方、この記事をご覧下さい。

ビットコイン対応 26 万店 ビックカメラなど導入 :日本経済新聞(2017/4/5)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04HPS_U7A400C1MM8000

ビットコインは“仮想(または暗号)通貨の王様”、別名“デジタルゴールド” とも呼ばれています。簡単に言うとインターネット上で自由にやり取り出来る 「金」のようなもので、自分のスマホの中の電子財布(ウォレット)アプリに 保管しておける、とても便利なものなのです。

about_1

その価値に真っ先に目をつけ、現在ビットコインを持っている大半が外国人(多 くは中国人)と言われています。仮想通貨市場全体の市場規模11兆円(2017年7月5日現在。http://coinmarketcap.comより)!そのおよそ半分をビットコ インが占めています。日本では 2020 年東京オリンピックに向けて、大手をはじ めたくさんの企業が来日する外国人客をターゲットに、ビットコインで買い物 できる店やサービスを大幅に増やそうとしているのです。

例えば外国人が日本に来て買い物をしようと思ったら、ドルや中国なら人民元 を日本円に換金しないといけませんよね? 手数料も取られますし、たくさん交 換すると紙幣も持ち運びづらいですね。さらにおつりの小銭がジャラジャラと 財布の中で邪魔になったり、余った小銭は国に帰っても換金出来ないですよね。 とても不便です。

お店がビットコインでの買い物を受入れてくれるなら、わざわざ手数料を払っ て外貨に換金する必要がなくなります。

about_2

ビットコインはクレジットカードよりも決済手数料が安いため、消費者(個人 ユーザー)はもちろん、お店側にもメリットが大きいのです。

そんな注目の仮想通貨の中で、ビットコインについで 2 番目の市場価値を持つ のがイーサリアムです。市場規模は約 2兆8千億円(同上) 。

あのコンピュータ業界世界最大手のマイクロソフト社が、イーサリアム・プラ ットフォームに関して JP モルガンなどの大手金融機関と契約したことも大き なニュースとなりました。https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2017/05/01/eealliance/

about_3

ではビットコインとイーサリアムはどう違うのか?

分かりやすく言うと、ビットコインはインターネット上のお金として世界中で 支払や送金に利用できるとても便利なものです。イーサリアムも同じようにそ のネットワーク上のお金= イーサ(ETH)を通貨のように使えますが、それだけで はありません。

イーサリアムがすごいのは、「プログラムされたことなら何でもできる」ことで す。その「一切改ざんできない」「二重払いの心配がない」という特徴を活かし、 株・債権・金・不動産・シェアリングエコノミーなど様々な分野で応用ができ るため、世界中でプロジェクトが進められています。

別名「ワールドコンピュータ」とも呼ばれ、2017 年さらなる価値の上昇が見込 まれるイーサリアム。あなたもそんな可能性あふれるイーサリアムの世界に飛 び込んでみませんか?

about_4