バイナンス、上場手数料を慈善団体に全額寄付へ

ニュースをお届けします。

 

 

バイナンスは今後上場の際に発生した手数料を公開し、

慈善団体に上場手数料を全額寄付すると発表しました。

  

 

 

暗号通貨を取引所に上場させるためには?取引所が定める「一定の基準」を満たす
「上場手数料」をプロジェクト運営側が支払う

 

バイナンスは、それらの「上場手数料」を強制することはないと説明しており、

手数料の最低価格なども設定されていません。

 

今後、バイナンスにおける上場手数料は

実質的にはプロジェクト側からの任意の「寄付」ということになり、

それらの「寄付額」が全体に公開されることになります。

 

 

バイナンスでは以前から慈善活動を実施しており、

ブロックチェーンを活用したチャリティ団体「Blockchain Charity Foundation」を設立しています。

 

6月に西日本豪雨が発生した際は

CEOジャオ・チャンポン氏が被害者に対して約1億1000万円の寄付を行い、

日本のユーザーから多くの支持を受けました。


0
237

Latest Posts