ソラネコさんちの思い出出張所 番外編ー登場ネコ紹介ー

猫バカのソラネコです。

この記事では思い出出張所に登場するネコさん達を紹介します。


一番手はこの子。

私が初めてお迎えしたネコ、はねにゃんです。

2003年5月に保護してから長い間一緒にいてくれました。

高齢になってから発覚した乳がんの手術も乗り越え

2016年12月に旅立つまで、私の一番の宝物だったはねにゃん。

ネコってこんなに頭がいいんだ!私より賢くない?なんて思ったものですw

思い出ではちょっと心の狭い食いしん坊キャラを強調しているので

そういう賢さは伝わらないかもですね。

はねねーさん、はねにゃんと呼ばれてます。


さてお次はこの子。

永遠の愛しいお馬鹿さん、ちもこさんです。

はねにゃんと同じ年の8月に保護しました。

友人の車のエンジンルームから発見されたこの子は、

その時に脳がちょっとあったかくなっちゃのかしら…?

と思う位抜けている所があって、そこがまぁとにかく可愛いです。

現在も一緒に暮らしています。

Twitterで現在のちもこさんも公開してます。

思い出当時のスリムボディとのギャップがお楽しみいただけますw

ちもねーさん、ちもこさんと呼ばれています。


ドンドン行きましょう。お次はこの子。

とにかく黒い!そして黒い!いつまでも子猫サイズのぽちこちゃんです。

2006年末にソラネコファミリー加入。

保護当時の私は酔っ払っておりまして、草の影で必死に鳴くのに動かないこの子を

「おなか空いて動けないんかな?うちの子になる?」って気軽に持ち上げて

おなかが裂けてる事に気付いて絶叫しました(ちな深夜)

カバンの中身を全部コートのポケットに入れて、ぽちこちゃんをカバンに詰めて帰ったのは

酔っぱらいにしては良い判断だったと今も思います。

ずっとちっちゃいぽちこちゃんは先住達にとても可愛がられて育ちました。

ぽちこ、ぽちこちゃんと呼ばれています。

2017年4月に腎不全で他界。


最後はこの子です。

私の初めての男、はくちゃんです。

ちなみに今いる子もみんな女の子なので、最後の男になる可能性も。

2008年7月に我が家の敷地に迷い込んできた所を保護しました。

見たことのない数のノミにつかれていたのを洗面所で洗ってのは良い経験でした。

怖いものがなくなった気がするもん。

10キロオーバーの猫らしからぬ体躯に加えて長毛。ちょっとした小山でした。

この子が縁側でくつろいでると「あ!ね…こ?犬…?」と言う声が

外から聞こえてきたもんです。

めちゃくちゃ可愛いボーイソプラノとオフ白のふあふあ被毛で

人間はみんなメロメロでしたが、ネコには威圧的過ぎる巨体故に

あまり好かれてなかったのが気の毒でした。

ぽちこちゃんはけっこう優しかったですね。

はくちゃん、もふさん、だらりんにょと呼ばれています。

2017年5月に他界。

生まれつき心臓に欠損があったので、激しい運動は出来ないながらも

楽しく長く一緒にいてくれました。


この4にゃん+ソラネコ含めお使えする人間2人でお届けします。

あ、はくちゃんの写真がひどいのでもう一枚貼っておきますね。

支援者限定記事もお楽しみいただけると嬉しいです。

0
225

Latest Posts