ブロックチェーン技術とは?

ブロックチェーン技術とは?


ブロックチェーン技術は銀行、小売、輸送、製造、電気通信などの多くの分野に潜在的なアプリケーションの傾向を開いた。


4.0工業革命波には、ブロックチェーンがchuyển đổi sốと基礎的な将来の技術情報設立の「キー」技術と言われている。


リアルタイムでデータ情報をはっきりシェア、格納空間を節約、セキュリティ情報が高いなどの可能で、ブロックチェーン技術は突破技術傾向の一つで、多くの分野に運用する可能がある。


最近、ブロックチェーンはよく言及されている新技術である。2017年に最も優れた新技術に選ばれたら、ブロックチェーンとBitcoinのようなバーチャルマネー運用が指名されるはずである。


そうだったら、ブロックチェーンは何の技術で、どんなに政府から、銀行ファイナンス、企業、生産部門、小売などまでの分野に運用されるのか?


専門家によると、ブロックチェーンは、リンクされて時間とともに拡張されるブロックによって情報を格納し、送信する技術である。各ブロックは、初期化時間の情報を含み、前のブロックに関連付けられている。


ブロックチェーンはデータ変更に逆らうために設計された。ブロックチェーンに格納される情報が変更できなし、システムの各ボタンが同順された後しか追加されないことである。システムの一部が崩壊されても、他のコンピューターとボタンが情報を守るために続けて動く。


特に、ブロックチェーンは中間を通じて情報確認が必要ないで、データ送信可能がある。ブロックチェーン系に情報確認機能ができるいろんな独立運動ボタンがある。


それらの特殊で、各専門家は、ブロックチェーン技術が銀行、小売、輸送、製造、電気通信などの多くの分野に潜在的なアプリケーションの傾向を開いたと言われた。しかし、世界或いはベトナムに一番大きな運用傾向はファイナンス、銀行業務、内部監査である。


輸送分野では、一人から入力しても設立されたネットのいろんな単位へ情報シェアできる技術である。例えば、アメリカ税関からベトナム税関まで荷物を送る場合は、関係社員がブロックチェーンを通じて、荷物がいつか、どこまで送られるかなどの状態をフォローできることである。


小売と農業分野では、ブロックチェーンは、商品がどこから輸入されているかを知るために役立つ。


例えば、一台の車がメーカーから、代理店、お客様まで、いろんな取引が発生してくる。この技術を運用すれば、車の根源、引取履歴と保証、  修繕などの情報を検索できる。


現代、MicrosoftとOracleなどの大手が紹介し、会社にこのブロックを運用すると言われた。この突破技術は財政、交通などのいろんな分野に高効率に運用できる。


ベトナムソフトウェア・IBM対策センターのVũ Ngọc Hoàng様はブロックチェーン生活のいろんな分野に運用できると仰った。Bitcoinはブロックチェーンの典型的な運用の1つである。大勢はブロックチェーンがBitcoinだと勘違いしているのに、Bitcoinはブロックチェーンシステムに運行されている初めての運用である。


そして、Hoàng様は各企業の営業ネットにいろんな供給所一緒に参加するっと追加していただいた。ロックチェーンに参加すると、ブロックシステムが前のロックの情報を格納し、参加者の貢献をはっきり確定する。


財政分野では、ブロックチェーンを使用したら、参加者が一つの取引情報シェアーの大ネットしか構成しない。一人のメンバーがアクセスしたら、残りのメンバーが見たり、読んだりすることができる。


ブロックチェーンが2015年から運用された。各技術家は3-5年間後、この技術がもっともっと運用されると予断した。

0
288