自己啓発の主要なテーマ「決断力」について

自己啓発の主要なテーマ

「決断力」について

こんにちは。江嶋ゆきひろです。

先日より自己啓発について考え、その主要なテーマに触れています。


~ (過去ページ)自己啓発と言っても、そもそも「何をすれば良いのだ?」と思いますので ~ 
https://realboost.jp/activity/view/1209/778


「自己啓発の主要なテーマ」

・生きがい
・決断力
・行動力・スピード
・思考法
・集中力
・情報収集
・成功哲学
・積極的態度
・セルフコントロール
・人間関係
・人間的魅力
・不動心
・問題解決
・リーダーシップ



今回もこの主要テーマを一つ一つ考えて見たいと思います。

・決断力


決断する時期に遭遇した時、決断力が求められます。

「決断する時」と言っても個人的な事柄から業務的な物
自分にだけ影響を与える物や、他人にも影響を及ぼす物
簡単な物から複雑な物まで、さまざまにあります。

生まれた時から今まで、小さな物から大きい物まで
私達は、意識しているかどうかに関わらず
何らかの決断時に決断力を用いて、今日まで人生を進行させてきました。

(ここで「人生を歩んだ」と書かなく「人生を進行させてきた」と
書いたのは、例えば何もする気がなく引きこもっていても、衣食住さえ
満たされていれば、生存可能となり自動的に時間が進むからです。」


「決断する」とは、時間が進む中で
Aの道を行くのか?Bの道を行くのか?
それとも何もしないのか?と言う分岐点から道を選ぶと言う事です。

したがって、その分岐点で自分の決断力を持ってしても
決断しにくいと言う事は、その分岐点の難易度が自分にとって
高い物であり、それはその時点での自分の情報収集力や
思考法などが弱いと言う事を表しています。

ここで意図的に「何もしない」と言う判断を取る事もできます。
それは今、決断せずに先を見た上で、状況判断した方が
より良い結果が得られる可能が高いと考えた場合です。


しかし何も考えずに「何もしない」のは、その分岐した道の
どちらも選ばすに立ち止まってしまう事ですので
人生の上では何も起こらずに、時間だけが経過していきます。

この分岐点が、自分だけに影響を及ぼす物ならば良いのですが
ご自身が部下を抱えるリーダーであったり
もしくはそれが共同作業だったと言う場合
「何もしない」ことによって相手に迷惑をかけてしまいます。

何もせずに時間だけが経過するのは、衣食住を満たす為の要素が
外部から自分の中に入って来ずに「そのままになる」と言う事です。


例えば山道を歩いていて、分岐した道の前で立ち止まり続けていれば
夜は寒くなり、雨がふり体温は下がり、お腹が減り死んでしまいます。


太陽光と、雨水からの水分があれば生きられる「植物」であれば良いですが
私達は自ら「動き」、外部から栄養を得て生きる「動物」です。

私達は時間が経過する度に、外部から食べ物や利益を得なければ
なりませんから、分岐しているどちらかの道を必ず進み
何らかの利益を得なければなりませんし
不利益に出くわす事もあるでしょう。



分岐点は、自分が次のステージへ進むための物です。

意識をした上で「何もしない」、と言う決断さえも取らずに
現実逃避をして本当に何もしない人は存在しますが
それは結局は後々、自己のクビを締めてしまう事になるかもしれません。

結局は先に何があろうとも、早めに決断しなければ先には進めません。


ぜひ分岐点に差し掛かる前に、日頃からの力要素を高め
スムーズに決断をして、早く自分自身を次のステージに進ませて
「新しい経験」を得たいところです。

たとえそれが自身にとって不利益な事であったとしても

その「新しい経験」は、まだそれを経験していない人達にとっては
後に「あなたオリジナルの経験談」として価値をもたらす情報源となる事でしょう。



お読み頂きありがとうございました。江嶋ゆきひろ

0
175

Latest Posts